プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Beta RR 4T 125(空冷)&RE 125 4T!

0
    こんにちは。
    前回ご紹介したトップカテゴリーなエンデューロマシンとは別に
    エントリー&ストリートなモデルもBetaのラインナップにはあるんですねー。
    と、いう事で日本では春ぐらい?もう少し先だけど発売を予定している
    RR4T 125&RE125 4Tの2機種をご紹介!

    これは、RR4T 125ね。
     



    んで、こちらはストリート向けなモデルのRE124 4Tです。
    カラーリングが少し違う(サイドゼッケンの色とかリムとか)けど、他は、どこが違うの?
    って感じですけど、
    大きくは、RRの方がオフロード志向が少し強くて、
    REの方が、ストリート向けといったところです。

    少し詳しく見ていきましょう!

    エンジンは、RRとREで共通です。
    空冷の125侫┘鵐献鵑如原付2種なピンクナンバーなカテゴリー。
    維持費もお手軽だし、保険関係もお車をお持ちの方なら、ファミリーバイク特約などで
    カバーできるのもいいですね。
    そんな訳で、増車、買い足しにピッタリ!
    キックスターターもあるけど、もちろんセルモーター装備なので、
    ボタン一つでエンジンが掛かるのは、ビギナーの方にもオススメです。

    ここからは、まずRRの方の紹介となりますが、
    サスペンションもREと比べて、しっかりとした作り。
    かつ、ブロックパターンのタイヤを採用です。
    ホイールもアルミリムを採用です。
    このクラスだと、鉄っちんリムだったりするので、嬉しい装備。

    こちらも仕様が異なっていて、
    ブレーキディスクもウェーブタイプ。
    型押し2ピストンのブレーキキャリパー。

    ハブもブラックでカッコイイです。

    エキパイとサイレンサーは共通だね。
    この辺もアルミサイレンサーなので、軽量な作りこみ。

    こちら、リアホイール。
    フロント同様のブラックホイール。
    リアのブレーキディスクもウェーブタイプ。
    前後ディスクブレーキというのも、この125侫ラスだと
    嬉しい装備です。

    リアショックは、リンクレスタイプ。

    フロントまわりのデザインも、兄貴分のRR4Tシリーズを彷彿とさせる
    スリム&レーシーなデザイン。

    フロントマスターシリンダーなどのブレーキシステムは、グリメカ製。

    クラッチは、ワイヤー引きのタイプ。
    ストリートなマシンでもあるため、エンジンの始動時に安全性を高める
    クラッチスイッチも装備。

    後ろから。
    すんごいスリムです。
    ちょっと、シート高が高めですけど、スリムなので問題なし!のはず・・・

    メーターは兄貴分なモデルと共通かな?
    ちょっとまだ確認しきれてないけど、軽量コンパクトなデジタルメーターを装備。
    (トレイルテックかな?)
    もちろん、ストリートなマシンですから、安心のメインキーつき。
    メーター下側のパネルには、BetaのBのロゴが。
    いいねぇー。

    燃料タンクは、軽量な樹脂製。
    でも、タンクキャップには、鍵がついてる新設設計。
    レーシーなマシンは鍵ないからね。

    鍵でタンクキャップを開けると、つまみのついた小さなキャップが出現。
    その小さなキャップを緩めてガソリンを入れます。
    手前の穴ポコは、フタのキーシリンダーが収まるので、間違えてココに給油しては
    いけませんよ。
    最近少なくなったけど、店員さんのいるガソリンスタンドでは注意が必要かも。

    エンジン反対側。
    ミッションは5速です。

    続いて、RE125の詳細を見てみましょう。

    ちょっと、雰囲気が違うね。

    フロントは同じ正立タイプだけど、仕様が異なります。
    ホイールもこちらはメッキタイプ。
    鉄リムかと思いきや、磁石がくっつかなかったので、アルミリムの
    メッキ仕上げ?みたいです。
    タイヤが、ブロックタイヤではなく、ロードっぽいタイヤが標準装備です。

    ブレーキディスクがウェーブタイプではなく、オーバルで新円タイプです。

    フロントブレーキも、こちらのREはオーバルタイプです。
    ブレーキキャリパーも違っていて、同じ2ピストンでも
    こちらは対向式ですね。

    シートは、RRもREも共通のようですが、
    後ろにあるマイナスビスがクイックタイプになっていて、
    4分の1回転ぐらいさせると・・・

    パコっと外れます。
    500円玉とかでも外せそうです。

    行ったり来たりで申し訳ありませんが、こちらはRR。
    REも同じだけど、
    シートを外すとバッテリーとエアクリーナーBOXが見えます。

    エアクリーナーBOXのフタは、ゴムバンドで固定されていますが、
    エアフィルターを脱着する場合は、燃料タンクを取らないとダメっぽいかな?
    ちょっと確認できてません。申し訳ありません。
    エアフィルターは隙間から除いたけど、丸い形状?の乾式タイプ。


    上がRRで、下がRE。
    サスペンションが前後とも異なるので、車高はREの方が低いですね。
    それと、フロントフォークを固定しているトリプルクランプも
    RRは、フォークをボルト2本留めに対して、
    REは、フォークにボルト1本留め。
    REは、ツーリングや通勤、通学にも便利な小ぶりなリアキャリアも
    標準葬儀です。

    同じエンジンの同じようなタイプのマシンですけど、
    けっこう作りが異なるんですねー。
    それだけ需要があるんでしょうね。
    選ぶ側にとっては、嬉しいですね。
    使う用途でマシンが選べますから。

    さて、気になる価格ですけど、発売がもう少し先なので、もう少しお待ちくださいね。
    なるべくお求め易い価格にするべく、ベータモーター・ジャパンさんが
    頑張ってくれているはずですよ。
    そうは、言っても気になる〜。欲しいなぁ〜なんて方は、
    宜しければ、ウブカタ・ジャパンまでお問い合わせくださいね。

    RRの方は、エンジンも掛けられますから、試乗もできちゃう予定です。
    オフロード全然やった事ないけど・・・
    試しにオフロード始めてみたいけど・・・
    そんな方にはオススメのマシンです。
    ぜひ、ご検討してみてくださいね。
    もちろん、気になる事などございまいたら、ご質問などお気軽にどうぞ!
    宜しくお願いします。


     

    コメント
    コメントする