プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Beta RR2T250 納車整備!

0
    こんにちは。
    立て続けに納車整備です!
    嬉しいですねー、有り難いですねー。
    つーか、FXが後だっけ?
    まぁ、いいか。
    今度はBeta RR2T250です。
    2015年モデルです。
    当たりまえか。

    箱から産まれてジャジャジャーン!
    外車君達は、箱入り娘な状態で異国の地より送られてくるのですが、
    お店で箱で降ろすの大変なので、
    運送会社さんで留め置きしてもらって、そこで転がせるようにしてから持ってきます。
    さて・・・
     
    もうホント、見ても飽きたかもしれないけど、
    しつこく書くのです。

    どこからやろうかな?

    うーん、FXと丸かぶりなエンデューロエンジニアリングのラジエターガード。
    Betaは、クリアランス大きいので、ラジエター外さなくても、
    装着できる。楽チン!

    ガード付けたけど、写真忘れた―。
    バラバラと分解して、作業しやすく。

    んで、リア回りから。
    分解できました〜。

    Betaは白いグリスが塗ってあるんだけど、
    何か、このグリスのぬちゃぬちゃ感がイマイチ・・・
    めっちゃべたべたする。
    キレイにして、新しいグリスを詰め詰め。

    シャフトがステップにギリギリなんだけど、
    抜けるようにフランジ部分が一部カットしてある。
    こういうのは、素晴らしい〜。

    でも、このチェーンスライダーががあると、工具が入りづらい。
    外したので、錆防止でグリス塗っとく。

    ブレーキペダルピボットボルトも水の侵入防ぐ意味でも
    グリスアップしておく。

    リンク回りも同様にグリス詰め詰め。

    スイングアームもグリス詰め詰め。

    スイングアームに固定されてる小物類のボルトも
    水の侵入とカジリ防止で全部スレッドコンパウンド塗っとく。

    チェーン引きのボルトももちろんヌリヌリ。

    リアショックのプリロード確認。
    乗られるオーナー様の体重が軽そうなので、
    少しプリロード抜いておく。

    スイングアーム合体!

    リアブレーキキャリパーもバラシてグリスアップ。
    パッドピンもFX同様にニッシンだからメクラキャップもあるので、
    カジリ防止でヌリヌリ。

    ホイール合体前にこちらもカラー外してシール内側にグリス詰め詰め。
    FXとか国産と違う部分ですね。
    カラーがベアリングに深く入るタイプ。
    走ってしまうと、リアは手で抜けなくなるからね。
    その前に予防しておきます。

    続いて、シートレールを元に戻す前に、
    キャブレターの中身チェック。
    付属のジェットで確認すれば、まぁ中に入ってるもの分かるけど、
    念のため。

    マニュアルと同じセットか確認。問題なし。

    続いて、フロント回り。
    こちらも白いグリスがヌリヌリしてあるけど、キレイにしてやり直し。

    グリグリとタップリ詰め込む。
    気のせい?かもしれないけど、
    ハンドルロックの穴がシャフトに開いてるんだけど、
    ステム下とフロントフェンダーの隙間がこの穴で繋がってるんだけど、
    埃が酷いと、どうもこの穴ポコから土ぼこりが入るような気が・・・
    つーか、フサベルの時に入ってた。
    なので、ハンドルロックなど使わないので、テープで穴塞いでおく。

    フォークのクランプボルトには、今回かなりグリスが塗ってありました。
    ほほう・・・シッカリしてるな。
    リアのプリロードを抜いてるので、
    バランス取る感じで、少し突き出ししておく。

    リア同様にフロントホイールのカラーも外してグリス詰め詰め。

    アクスルクランプのボルトもヌリヌリ。
    Betaは、ここが工具かける部分が8ミリで、ボルトは6ミリなんですねー。
    KTMやフサベルは10ミリの工具で、ボルトは8ミリだね。
    なので、SSPはBetaは6ミリ用ですよー。
    お店にあるので、お声かけてもられば試着ならぬ、試走してもらえます。

    SSPって、この赤いやつね。
    バネ下に重りつける感じなんだけど、
    少しオフセットしてあるのがミソなんかな?
    ステアリングダンパーみたいな効果が得られると言えば良いのか、
    ワダチのコーナーとか外に出る感じが減って、トレースしやすくなる感じ。
    気に入る方は、コレなしでは走れない!ってぐらい気にいるパーツです。
    ウブカタジャパンでも取扱い中なので、ご興味ある方は、ぜひご連絡を。

    フロントブレーキもリア同様にグリスアップ。

    関係ないけど、作業の途中でモーターサイクルショーへ。
    とは、言っても開催前のブースを作ってる前日です。
    MFJのブースへ、Betaのトライアル車を運搬作業です。
    搬入ついでに、準備中の中身をコソっと見学。
    みんな忙しそうだ〜。

    さ、作業に戻って・・・
    こちらレーサー使いなので、ノーマルのスイッチボックを取っ払います。
    キルスイッチがハンドルスイッチに一体型なので、
    余分な物が付くから、キルスイッチのみに変更します。
    前にも書いたけど、FXとかヤマハ車で使ってるスイッチが
    良さげな造りだし、配線がかなりハンドルからオフセットされていて、
    ハンドガードとかマスターとかが寄せて装着しやすいので、
    そいつをチョイス。
    が、ヤマハの純正のお値段を調べてみると、けっこう高い?
    配線が長いからかな?
    そしたら、普通にデイトナさんから同じタイプのスイッチが出てた。
    こっちの方が安い!
    が、逆に配線が少し短い!
    まぁ、いいか。

    こんな感じで寄せやすいんですー。
    ってピンボケで見えない。

    そして、今回オススメなパーツ君です。
    バーエンドです。
    ピンボケだけど。
    ODIっていうメーカーのやつ。
    まず、見た目がカッコイイ。シンプル。

    何が良いって、取り付けのボルト部分がくぼんでるの、分かる?
    転倒した際に、ボルトが傷みづらい、はず!
    外したりする事もあるから、これ重要。
    そして、中身が凝ってる。
    まず固定される部分は、ななめにカットされた筒のタイプです。
    これはエンデューロエンジニアリングとかも同じかな?
    でも、これはさらにナットが共回りしないように、溝が掘られてる。
    そして、そのバーエンド部にも回らないように凸凹に噛みあうようになってる。
    すぐに固定できるし、外す時もスムーズ。

    おー、コレ良さそうだな。
    俺のに付けよう!と買っておいたけど、お客さんにコレ良いんですよー。タブン。
    って言ってたら、コレつけて欲しいとの事。
    あ、まぁいいか。

    と、いう訳でさらに買っておいた。
    でも、手元にはブラックが1個だけ。
    ラフ&ロードさんで販売してたけど、複数個買ってきたから、
    もうないかも・・・
    自転車では有名なブランドなんかな?
    肝心なお値段が、¥2,000(税抜き)と、高くない。
    むしろ、これだけの造りなら安いかな?

    そして、もうお馴染みなARCレバーを装着。

    あ、品番見えないし・・・
    輸入元のBONSAI MOTOさんでは、Beta用のページも
    つくってくれたから、もう安心だから、いいか。
    ブレーキは、ホンダ系ニッシンの一つ前のモデル。
    クラッチは、ブレンボだから、KTMのEXCシリーズとかと同じ。
    BONSAIさんのページは、こちら。


    作業も終わりが見えてきた。
    KTMやフサベルでいうベンディックスの部分ね。
    Betaだと名称が違うけど。
    ジェネレーターカバーを開けまして、
    その部分にオイル注入。
    これが、Betaの売りだね。
    セルモーター装着を前提に設計されてるエンジンなので、
    セルモーターがエンジンの下部に装着されていて、
    本来ドライで潤滑されていないジェネレーターカバー内ですが、
    クランキングさせるパーツを潤滑するべくオイルが入ってるんですねー。
    小さいなオイル溜まりがあるんですねー。
    後付けタイプでは、コレがないので動きが悪くなり、
    クランキングできない症状が出やすいですからね。

    と、ほぼほぼ出来たところで、
    先ほどのBONSAIさんのページ用に
    BONSAIさんが写真撮影にやってきました。
    リンク貼ってるページのマシンは、このマシンでした〜。

    さて、ハンドガードつけて〜。

    が、問題発生。
    お客様から、コレにしておいて!と預かったハンドル。
    どうも短い。
    あとで聞いたけど、カットしてあったみたい。
    ストレート部分が短くて、ハンドガード装着したら、
    セルのスイッチがつけられない・・・

    スロットルホルダーが無い分、クラッチ側は余裕あるんですよね。
    と、いう事で、左側にスイッチを移設。
    ハンドガードとか、ハンドルとか、これで決定って訳でもないので、
    とりあえず、これでいってもらいましょう。

    なぜか・・・
    RR2Tは、バッテリーが付属してこない。
    なので、どうせ買うなら・・・と軽量なリチウムタイプのショーライバッテリーに
    してみました。
    巷では、突然死する事もあると聞く事もあるけど、
    他の方でも使ってるけど、問題なし。
    RR2Tは、キックあるからね。
    この変のチョイスは、キックの有無とか考慮して、
    ショーライはお値段が魅力的だからね。
    キックが無い、バッテリーが死んだら押し掛けもできないようなマシンは、
    もっと高価なやつがいいかな?
    一応、充電してみたけど、すぐ満タンになった。

    さて、ブレーキペダルの先端を少し落として、
    カバーの破損を防止。

    またピンボケだけど、
    カメラが壊れてるですよねー。買わなきゃ・・・
    キックペダルがスチャスチャ出るようにグリスアップ。

    あ、バーエンドの写真あった。
    コレ。カッコイイ〜。

    出来上がり〜。


    と、まぁ、何度も書いてるけど、こんな感じの納車整備。
    お買い上げ、ありがとうございます!
    いっぱい練習&遊んでくださいね。
    レースも出ちゃうような事も言ってたし。

    これから楽しみがいっぱいですね。

    おしまい。

    と、納車して走ってもらったら、スプロケ付近からオイル漏れ・・・

    ありゃりゃ・・・
    すぐにパーツを送ってもらい、シールとOリング交換。
    その後は漏れてないみたい。
    ここは、フサベルの時も頻繁にパーツ出たから、
    乗ってると漏れて来ますけどね。

    チャンバーのOリングもケチってホモロゲチャンバーのを使いまわしたら、
    今回のは漏れた・・・
    なので、やっぱり新品投入。
    ケチってはいけませんね。
    ここもすぐにヘタるけど・・・

    キレイにしてご返却。
    大した事なくて、良かったです。

    今度こそ、おしまい。

    ウブカタ・ジャパンの中古車情報!
    Beta RR4T125(空冷モデル)

    車両本体価格 ¥320,000(税抜き)
    詳しくは、こちら。

    KTM DUKE125

    車両本体価格 ¥370,000(税抜き)
    詳しくは、こちら。

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン
    〒242-0025
    神奈川県大和市代官1−1−28大橋代官工場4号
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/
     

    コメント
    箱入りなまま欲しい W W
    • なぞのおっちゃん
    • 2015/04/28 1:06 PM
    コメントする