プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

HUSABERG TE125 

0
    こんにちは。
    もう随分と前の整備ネタですけど、
    HUSABERG TE125の整備をご依頼いただきました。
    けっこう遠方な方からのご依頼でしたので、嬉しい限り。
    しかもフサベルですからねー。
    自分が携わっていたマシンだけに愛着があったり。
    新たなオーナー様が気持ち良く乗れるように、色々やってみました〜。

    2013年モデルのTE125ですねー。
    さて・・・
     
    まずは、チャンバーの修正から。

    なかなかに排気漏れしてると・・・

    ポコポコと凹んでおります。
    これは、マリオチャンバーでしたね。

    完全とはいきませんが、こんなもんかな?
    あんまり張り切ってやっても穴開いたり、亀裂が入るので程ほどに。

    ノーマルチャンバーもありましたが、こちらの方が重傷かな?

    まぁ、こんぐらいで・・・
    凹みの修正は、水圧ポンプで修正なので、すぐに出来るのですが、
    実際には車体へのフィッティングの方が大変なのです。
    一発大きな凹みぐらいなら、膨らますだけで、割と車体への装着が可能です。
    何度も凹まして、複雑に変形している場合は、
    車体にあてがって、外して力づくでの修正が続きます。
    今回のは、まともに車体に装着できなかったので、
    5〜6回は装着しては外して、を繰り返しました。2本とも・・・

    さて、続きを。

    写真だと分かりづらいですが、かなり排気漏れしてたみたいで、
    ドロドロがいっぱい。
    キレイにしてあげましょう!

    お次はキャブレター。

    目視で汚れてるのは論外ですけど、中身のセッティングの確認も含め、
    お掃除しましょう。

    バラバラ。

    トップキャップの内側なんかも意外と汚れてるもんですよ。

    パッキンを取ると、ガソリンが固まってネバネバしたやつが、
    いつもこびりついてるので、気になるので、
    カリカリ剥がしてお掃除完了!

    取り付けのバンドなんかも砂とかカジッてボルトの動きが悪いので、
    キレイにして、しっかり取り付けしましょう。

    エアクリーナーとの接続部分も入り組んだ形ですから、
    こういう時に外してキレイにしてあげましょう。
    しかし、リンクレスだと楽ですねー。
    リアショック外すのボルト2本だし、
    この部分もとてもアクセルしやすい。
    乗り味が云々というのもあるけれど、
    自分は整備性が良いので、それだけでとっても好きです。リンクレス。

    ついでなので、キレイに出来る所はやっておきましょう。
    フレームに載ってるゴムカバーみたいなやつ。
    すぐに取れるんですよね。
    表はもちろん、裏側とフレームもキレイに。

    車体回りのグリスアップはどうしようか?と思っていたけど、
    やっぱりやっておいた方が良いかな?

    ラジエターガードがあんまり見かけないメカシステムのやつでした。
    造りが複雑ですねー。
    シュラウドと共締め部分が、ガードの穴を貫通して出るみたいですが、
    シュラウドに押されてガードの内側にめり込んでる。
    シュラウドは固定されていませんでしたからねー。
    修正しましたが、この構造だと難しいなぁー。

    さ、次はサイレンサー。
    おや、珍しいステッカーが・・・

    そりゃ、デロデロですよね。
    走ってれば、当然です。

    新旧比較の図。
    排気でオイルとか、洗車の水か、そういうの吸ってめっちゃ重くなってる。

    パンチングも掃除して、サイレンサーの中身も掃除して。
    中身掃除してたら、腕がサイコガンみたいだ、の図。

    キレイになりました〜。

    出来上がり〜。

    グラスウールじゃなくて、ロックウールなんですよね。
    グラスウールは文字通りガラス繊維で、
    ロックウールは、鉱石?鉱物からのやつ。
    住宅の断熱材なんかも同じやつだけど、
    ロックウールの方が、水分とか含みにくいだよねー。

    ボルトが変なのついてる。
    後で交換しよう。

    クラッチレバーの固定ボルトも変なのがついてる。
    クラッチのタッチも何かおかしい。

    ここは、インナーキットで交換です。

    ダイヤフラムも汚いぞー。

    カップ内も汚い・・・

    レリーズピストン側もチェック。

    ガスケット交換しておこう。

    マスターのインナーキット。
    マグラのやつは、少しヘタリが早いかな?

    新旧の図。
    下が使ってやつだけど、シールに元気がないですよね。

    レバーのボルトもやっぱり専用のボルトじゃないとね。
    形状が特殊な訳だから。
    マスターが原因だと思うけど、クラッチのタッチは直りましたね。

    念のため、クラッチもチェック。
    こっちは問題ないかな。

    カバー外すのに、ブレーキペダルのリターンスプリングが
    邪魔くさい。ここは少し無理がある感じだから、やりづらいですね。
    ブレーキペダルのベアリングもチェック。
    ちょっと渋いけど、グリスアップでOKかな?

    グリップも左右で違うし、ヘタッてるので交換です。
    前にも書いたけど、この接着剤が手間ですねー。
    自分は塗らないけどなぁー。
    でも、最近グリップの相性もあるのかな?と思ったり。
    ドミノとかは、グリップ内部がツルンとしていて、割とタイト。
    どこか忘れたけど、他のメーカーのやつとかは、
    グリップの内側にリブがあったりするけど、
    そういうタイプは接着剤塗るのが前提なのかな?
    どうなんだろうか?

    スロットル側も分解してお掃除。

    スロットルホルダーの中身も汚れが半端ない。

    全部キレイにしてから、組み付け。
    スロットルは、スコスコスムーズが良いですなー。

    ウインカーがついてはいたけど、配線がことごとく切断状態なので、
    ウインカーも新調します。

    話は飛ぶけど、今度は足回り。
    お、こっちは明らかに手が入ってますね。
    ベアリング部分は汚れてるから、直近でやった訳ではないかな?

    キレイにしてから・・・

    グリスアップして、組み付け。

    フロントフォーク装着前に、フォークもお掃除。
    フォークガードのスライダーも外すの手間だけど、
    けっこう砂が溜まってるますよ。

    ダストシールもズラして、少しお掃除。
    うーん、けっこう汚れてるなぁー。

    フォーククランプのボルトも意外と汚れてるというか、
    砂とか出てくるので、キレイしてあげましょう。

    キャリパーもお掃除。
    ピンぼけだけど、パッドピンの固定用のβピンが行方不明みたいです。
    危ない、危ない。

    キャリパーもピストンも掃除してキレイに。
    スライド部分もしっかり動くようにグリスアップです。

    ホイールもベアリングに水が侵入しにくいように掃除してから、
    グリスアップ。

    今度はリア回り。
    こちらもピンが1本いない・・・

    フロント同様にキレイにしましょう!

    次はスイングアーム。

    うーん、これは新車時のままかな?

    エンジンの後方や、フレームの内側なんかもキレイにしておきましょう。

    外せる物は外して、きれいに。

    スイングアームの裏側もキレイに。
    気持ち良いねー。

    古いグリスを除去して、新しいグリスを詰め込んで、組み付け。

    マッドフラップも穴開いてるので、交換です。

    チェーン引きのボルトに何も塗って無かったので、スレッドコンパウンドヌリヌリ。

    チャンバーのステーとかのセット。
    チャンバーを激しくやっつけると、ステーも変形しますからね。
    雪だるまみたいな形のやつね。

    チャンバーの根本のOリングとか、サイレンサーのジョイントのパーツとかも
    セットでお得。
    スプリングもついてくるからね。
    この辺は、年数が経てば劣化するし、スプリングも比べたら、
    断然硬さがありますね。
    そりゃ、排気漏れもするね。

    ブレーキもフルード交換。

    レバー回りもグリスアップ。

    リアブレーキもフルード交換。

    そういえば、こちらのTE125は、後付でセルモーター装備なマシン。
    キック使わないかもしれないけど、チェック。
    う、汚い。キコキコじゃないか。

    分解して、キレイにして、グリスアップ。

    スプラインもお掃除。
    キックはスチャスチャと出ないとね。

    ヒートガードも壊れてたので、交換。

    たまたま気づいたんだけど、
    チェンジペダルのワッシャーが足りなかった。
    KTM系のエンジンはシフトペダルが挟みこんで固定するタイプじゃないからね。
    ここ緩みやすいので、純正だとノルトワッシャーかな?
    緩み防止のワッシャーが複数枚入ってますからね。
    という訳で、新品のワッシャーをきちんと投入です。

    最後にミッションオイルを交換。
    うーん、汚いけど、125はクラッチにアルミのプレートが入ってるから、
    オイル汚れるの早いよね。
    マグネットに付着してるのは、アルミじゃないけど。

    で、完成!
    その他、ガード類を交換したり、デカールを一部貼ったり。
    保安部品も作動するようになったし。
    シートが野口シートを付けてるんですよねー。
    セルも付いてるし。
    これで、しばらく安心して乗れるかな?
    エンジン見てないけど・・・

    やっぱり125は軽くて良いですねー。
    そして、フサベルカッコイイ〜!
    遠方なのに、ウブカタジャパンにご依頼いただきまして、
    ありがとうございました。

    そんなフサベルの整備でした。
    おしまい。

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン
    〒242-0025
    神奈川県大和市代官1−1−28大橋代官工場4号
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/
     

    コメント
    コメントする