プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

トライアル世界選手権inツインリンク茂木 行ってきました!準備編

0
    こんにちは。
    ゴールデンウィークですねー。
    今年は曜日の絡みがあって、長い連休の方は少ないかもしれませんが、
    それでも6日までお休み〜。なんて言うステキな会社にお勤めの方も多い事でしょう。
    週末は、各地でレースがたくさん開催されてましたね。
    JECーLitesの凸凹ラウンドとか、
    G−NETシリーズのサバイバルin広島とか、
    チーズナッツパークでは、ワイワイかな?
    天候にも恵まれ、最高の週末だったんじゃないでしょうか?
    そんな自分は、タイトルにもありますトライアルの世界選手権を観戦してきましたよ。

    トライアルの世界は、興味はあっても、なかなか触れる事のなかった競技。
    でも、Betaをはじめ、GASGASもトライアルでは超がつく一流メーカー。
    ベータモーター・ジャパンやGASGASジャパンさんともエンデューロで
    お付き合いがあったので、昨年初めて世界選手権を見に行きました。
    特に、今年からBetaのディーラーとして自分が活動する事になった訳で
    ちょっとだけ首を突っ込む事に。

    そんな訳でお店の定休日を利用して、まずはレースに向けての準備をお手伝いする事に。

    4月23日(水)の朝。茂木に到着です。
    さて・・・
     
    中に入るには、スタッフ証みたいのが必要だったので、
    入口のゲート前でベータさんと待ち合わせ。
    が、
    当日の朝は・・・
    まさかの寝坊。
    うわー!
    やってしまった。
    ギリギリだぞ〜。
    と、車を飛ばしたら、十分間にあってセーフでした。
    危ない、危ない。
    無事にベータチームと合流して、ゲートイン。

    おっ、すでにGASGASさんは準備中。
    ほどなくして、ベータチームの荷物を積んだトラックも到着。
    早速お仕事です。

    でっかいトラックに荷物とバイクが満載です。
    これは、すでに後ろの荷物を下ろした後。
    箱がいくつも並んでるのは、新車のバイク達です。

    もちろん、ベータさんも社長自ら働きます。
    フォークリフトの扱いも慣れたもんです。

    バイクを箱から出すのですが、
    これがまた、台数が多い・・・まだコレ全部じゃないからね。
    しかも、撤収の際は、また箱に戻すので、箱はそのままに
    バイクを上から引き抜きます。
    他のチームも同様なので、フォークリフトを代わりばんこに使用するので、
    フォークリフトが使える時間に集中してバイクを出していきます。
    ちなみにフォークリフトはツインリンク茂木で貸してくれますが、
    1台のみですので、時間がタイトです。

    このブログを読んでくれてるのは、エンデューロな方が大半かと思いますが、
    トライアルの場合、参戦するライダー用にバイクを1台。
    そして、競技中にライダーをサポートするマインダーと呼ばれる方用に、もう1台の
    バイクを準備します。
    なので、1名のライダーにつき2台のバイクが必要になります。
    マインダーというのは、正確な内容ではないかもしれませんが、
    ライダーがセクションにアタックする際、崖登りなんかで失敗する場合があります。
    そんな時、落下するバイクを支えたり、
    または、セクションで奥が見えない場合に、「この辺にタイヤ上げて!」的な
    指示をしたりするライダーの相棒さんです。
    マインダーは時にメカニックだったりもするので、マインダーが乗って
    ライダーと一緒に移動するバイクにはスペアパーツを積んでいたり、
    飲み物持ったり、もちろんそのマインダー車が部品取り車になったりと、
    これまた、とっても重要な役割を持っていたりもするようです。

    これらのマシーンは、世界戦が終わると販売されるんですよ!
    知ってましたか?
    ライダー車は、2スト300で、
    マインダー車が、2スト250。
    もちろん中古になる訳で、お買い得ですよ〜。
    気になる方は、お問い合わせを!

    特にベータチームは、ライダーも多いので、その準備するバイクの台数も
    他のチームより多めです。

    もちろん、他のチームも多いですけどね。
    こちらは、GASGASチーム。

    こちらは、シェルコチーム。

    そして、王者モンテッサチーム。

    そんで、またベータチームの様子。
    ライダーがレース中やその準備の為のPITを準備します。
    各ライダーがヘルメットや荷物を置けるように棚を設置したり、
    テーブルやパーツをストックする為のコンテナなんかも用意します。
    もちろん、パドックにも観戦するお客様も来られるので、
    見栄えもカッコ良くバナーなんかも設置していきます。
    現地到着の早いライダーは、この初日にあたる水曜日に茂木入りして、
    早速自分のバイクのセットアップです。

    パーツの準備も大変です。
    海外からやってくるライダー達が無事に完走してもらうのは、もちろんですが、
    ベストな状態でレースに集中できるように、
    ボルト一本からオイル、ケミカル、工具に至るまで
    ありとあらゆる物を持ってレースに臨みます。
    レースですから、いつ何が起こるか分かりませんし、
    時間も限られますから、すぐに必要な物を取り出せるように
    棚にパーツ類をキレイにストックです。
    ベータチームのパーツ担当の土偶さんこと、高橋さんも
    せっせと準備します。大変です。

    こんな調子ですから、初日はあっという間に夕方です。
    でも、ライダー達が作業を終了して、ホテルに帰るにまでは、
    こちらも帰る訳には行きません。
    それと、世界戦を戦うライダーといっても、ファクトリー待遇のライダーは
    ごく一部で、それ以外のライダーはヨーロッパラウンドは自分のバイクで戦うのかも
    しれませんが、日本やオーストラリア、北米などでは現地で用意した
    新車で戦います。
    夕方の時点で、そのファクトリーなベータチームのエースライダーの
    ファハルド選手のバイクが、まだ届きません。
    それらを待つ関係で、初日から夜まで作業です。
    でも、無事にファハルド選手のバイクも届き、初日は終了・・・
    こりゃ、大変ですね。


    さて、続く2日目。
    残りのライダーも続々と茂木入り。
    自分のバイクのセットアップにバタバタです。
    エンジンだけを持ち込んでいたり、
    スポンサーがついてるライダーは、そのスポンサーチームの
    用品やデカールを取り付けたり、
    お気に入りの小物にノーマルから変更したりと大忙し。

    写真の左がエースライダーのファハルド選手のマシーン。
    エンデューロやモトクロスみたいに、パッと見て分かる変更よりも
    細かい部分が変更されていたりするようで、
    自分なんかは、言われないと分からないような細かい変更が多めです。

    トライアルは、ルール自体細かく知らないのですが、
    全日本トライアルと世界選手権ではルールが同じ部分もあれば、
    違う部分もあるようです。
    特に世界戦では、最低重量の規定があるらしく、
    実走状態で70キロ以上というのが、新しいルールみたいです。
    ベータの2ストのトライアル車は軽量ですから、
    色々変更しちゃうと70キロを切ってしまうようで、
    今年はパーツ類の変更もすくなかったみたいです。
    全日本では、この最低重量がないので、全日本を戦い、
    今回世界戦にもチャレンジする小川 毅士選手やバックフリップで有名な
    野本選手なんかはウエイトを取り付けて重量を調整するようです。

    さて、ライダーのセットアップもボチボチ終わると、
    マシンチェックも兼ねて練習エリアで試走となります。
    昨年までは、前日となる金曜からしか乗る事ができなかったみたいですが、
    今年は木曜日から試走が可能になったようです。
    ラッキーでしたねー。
    自分のお手伝いは、木曜までだったので、少し練習風景を覗いてきました。

    マシンチェック、試走とは言うものの、
    受け取ったばかりのマシーンは不安もある為、
    みんなガンガン行きます。
    試走の段階ですが、もうゴイス〜です。

    おっ!
    藤波選手発見。
    開幕戦で優勝もしているので、モンテッサはライバルチームですが、
    やはり日本人としては、応援しちゃいますね。

    あんまり詳しくないので、ファクトリーライダーぐらいしか
    名前も分かりません。
    写真のライダーはGASGASのラガ選手。ゼッケンは#2です。
    ヘルメットがレッドブルなので、すぐに分かります。

    当たりまえかもしれませんが、こういう試走エリアでも
    やはり他のライダー達とは違うのが分かります。
    それでも世界戦を回るライダーですから、相当上手いはずですが、
    トップライダー達とは、かなりの差があるように見えます。

    こちらは、ベータのエースライダーのファハルド選手。
    こちらもゼッケン#3番ですから、もちろんトップライダーの一人。
    昨年は、二日目に惜しくも優勝を逃してますからね。
    今年は期待しちゃいますね。

    そんな事してると、ベータの社長さん門永さんも選手の試走を
    チェックに来ました。
    緑のウエアはベータに乗る若い感じのライダーでしたが、
    試走の直前にマシンの調子が悪かったので、心配して確認です。
    PITで色々調整したので、大丈夫そうです。

    おっ!
    藤波選手と門永さんのツーショット。

    試走の様子もほどほどにパドックに戻りましたが、
    戻る途中のエリアでも試走してたので、ちょっとチェック。

    これまた、GASGASのラガ選手でしたけど、
    すごいねー。
    この時は、足ついたけど、何回もクリーンしてたましたよ。もちろん。
    さすがっ!

    パドックに戻ると、試走に行ってたライダーが続々と戻ってきてます。
    これ、マインダー車ね。
    こうやって、タンクバッグとかつけてたり、
    ハンドルにスペアハンドルつけてたり、リュックを背負ってたり。
    これが、またマインダーやってる人も上手いんだよねー。
    パドック戻ってくる時も、全員ではないにしても、
    軽々ストッピーから、ジャックナイターンだもんね。
    カッコイイわぁー。

    この二日目は、順調に事が進んだし、バイクの大きなトラブルもなく、
    早めに終了でした。

    トライアルでは有名なパーツメーカーみたいな、
    JITSIE(ジットシー)製のヘルメット。

    カーボン製みたいで、軽いです。

    こっちは、知ってる。アイローだね。
    こっちのが、カッコ良いかな?個人的には。

    初日が順調だったのもあって、二日目は、あまり役に立ちませんでしたけど、
    お手伝いもこれにて終了です。
    でも、ベータチームは、金、土、日と、あと3日間もつきっきりです。
    大変ですねー。
    また、日曜に来ると思います・・・とご挨拶も程ほどに茂木を去ります。

    日曜日楽しみだね〜。
    おしまい。

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン
    〒242-0025
    神奈川県大和市代官1−1−28大橋代官工場4号
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/
     

    コメント
    コメントする